2016再開祭黄楊拾参

焦らなくても大丈夫です。この人は王様と一緒に、うんと成功する人

ですから。今はきっと時期じゃないんです。私も年号をハッキリと

暗記してるわけじゃないから

天の記録ですか、医仙

この方の自信ありげな声に、王様が尋ねられる。

はい。この人は絶対王様から離れません。それは国史の授業で

証明済みです。それにどんなに離れたってケンカしたって大丈夫です

医仙

王様に向けて言葉が過ぎるだろう。

黙っていられず声を上げた俺を笑顔で黙らせ、

さっき伺って、絶対大丈夫って確信しました。王様が叔母様のことを

上代わりって媽媽におっしゃった時。媽媽がこの人のことをお義兄

さんって言って下さった時。家族はケンカしていいんです。どんなに

ケンカしてもお互いに絶対に嫌いになったり憎んだり、敵になったり

しないのは、この世で家族だけですから

この方は本気で思っているのか。忘れたのか。

例え同じ父母を持とうと血を分けようと、いや、寧ろ分けたからこそ

相手を憎み、敵となり、陥れようとする者がある事を。

あの鼠が良い例だ。実の叔父でありながら甥である王様に爪を立て、

義姪である王妃媽媽を傷つけただろう。

王様も王妃媽媽もそうして転覆を繰り返す元の宮廷、高麗の王座争奪

の嵐を生きて来られた。

敵は身内であり、近ければ近い程に敵に成り得る。

何故なら互いに立場が近いからだ。この世で身分の差は絶対だから。

けれどあなたがそう言うと、この世は少しだけ優しく温かく思える。

そんな世がもしや何処かにあるのではないかと、淡い夢が見られる。

本当の家族関係より、大切なことがありますよ。血は水よりも濃いって

言いますけど、私はそうは思いません。医者として、確かに遺伝学、

生物学、DNA上では繋がっていても全然機能してない家族を見て

来ました。私の世界でもよくある話です

今見せて下さった夢をその声で簡単にぶち壊し、あなたは笑んだ。

血の繋がりよりも大切なことがたくさんあるんです。心から相手を

信じられて自分より相手を大切に思えれば、それが家族です。そんな

相手を裏切ったり敵になったり、絶対しない。私は高麗に来てそんな

家族にたくさん会えました。この人のおかげで

ぶち壊しておいて、より大きな夢を見せる。

あなたの為にそんな国を作ると決意させる。

結局この方は上手なのだ。俺に明るい道を進ませるのが、誰よりも。

医仙!

その時、本気の鋭い叱責の声が飛ぶ。

あなたの笑顔から声の主へ眸を遣れば、叔母上が血相を変え蟀谷に

太い青筋を立てていた。

お言葉が過ぎます。母代わり、義兄などと。一体何を!

え、だって言ったのは私じゃないですもの

その鬼の形相をこの方は泰然と受け流し、微笑んで言ってのける。

王妃媽媽は同意するよう頷かれ、王様は困ったよう眉を下げられた。

全く、口煩いのはどの家でも母の役目とはいえ

独り言のようにおっしゃると、王様は腰を上げられる。

長居して母の頭に血が昇るのも心配だ。日を改めるとしよう

ちょ、王様

叔母上がこれ程狼狽えるのを見るなど、正真正銘初めてだ。

今や青筋に代わり冷や汗を浮かべる叔母上に笑い掛けると、王様は

何処か甘えるような御様子でおっしゃった。

昨夜は寝不足でな。食欲がない

叔母上は暫し声を失った後、ゆっくりと床へ目を下げる。

駝駱粥を、お持ち致しましょうか

そうだな。幼い頃から昼に食すと、不思議とよく眠れたものだ

たらく?

いつもの調子を取り戻し、あなたは王様と叔母上の話に割り込んだ。

たらくって?

牛の乳でございます、医仙。王様と王妃媽媽の午餐にお出ししても

宜しいですか

ああ、ミルク粥!

叔母上の声にこの方は、小さな両掌を音高く胸前で打ち合わせた。

それにゴマがあれば最高です。ましてお昼だとセラトニンっていう

睡眠ホルモンが夜、ちょうどいいタイミングで働くからぴったり!

この方の大きな声に、王様と叔母上が顔を見合わせる。

故に胡麻が添えてあるのか

王様が叔母上に、怪訝な御顔で確かめる。

初耳でございます。王様はお小さい頃からその組み合わせですと、

ご機嫌が良かったので

此度こそ嘘はないらしい。叔母上が正直に頭を振る。

その遣り取りにこの方は明るい声を張り上げた。

ほらね、お母さんは食医なんです。大切な子供に何を食べさせたら

いいのか、栄養学の理屈じゃなく一番知ってるのはお母さんですよ

医仙、口を御慎み下さい!!

確かに医仙のおっしゃる通りだ

叫ぶ叔母上を微笑で宥め、内官長が開く扉から王様は静かに廊下へと

お出になる。続いて出ようとした俺を手で制し

良い。大護軍は本日は非番であろう。医仙を典医寺へお送りせよ

大層ご機嫌良くそうおっしゃられれば、それ以上御伴する事は出来ん。

扉外でお見送りする御背は内官と迂達赤に囲まれ、康安殿への廊下を

曲がって見えなくなった。

ランキング、参加しています。

皆さまのぽちっとが励みです。ご協力頂けると嬉しいです

にほんブログ村