型を知り、身につける

たまに、プレバトというテレビ番組の

俳句コーナーを見ています。

たった17音で

様な情景や感覚を呼び起こす言葉の力、

ひと文字替えただけで

句全体のニュアンスがぐっと変化する

言葉のおもしろさや奥深さを感じる番組です。

俳句については

五七五で構成されることくらいしか

今まで知りませんでしたが、

基本の型かたや決まりが、あるそうです。

型をよく知らない人は

たまさかに、とてもよい句を作れても

回によって出来不出来の差が、非常に激しい。

一方、型をしっかり押さえている人は

常に、一定以上のレベルを保っている

ことが分かります。

型破りは、型がしっかり身についていてこそ。

長く続いている文化や伝統とは

型を知り、身につけることから

始まるのだ、と感じます。

型とは、ぶれない伝統の重みを

支えるものなのかもしれません。

そして、それは

ただ従うべきものというより

咀嚼し、解釈し、活用していくもの

なのだろう、と思います。

生きているかぎり

考え続け、深化し続けるもの。

易占い周易でいえば

型といえば、やはり易経でしょうか。

その本質が掴めていないと

無性に感じることばかりですが、

向き合い続けることで、深めていきたいなと感じます。

募集状況

易タロット占いの無料モニター様の募集は、受付終了いたしました。

後日、有料モニター様3000円60分、もしくは、4000円90分

の募集をさせていただきます。

お客様の声

易タロット占いセッションのご感想です。

お客様の声

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからお気軽にご連絡ください。

2営業日以内に、ご返信いたします

お問い合わせお申込みフォーム