無281

 雨空と青空のあいだには

 炭酸みたいな恋の気泡

 ペットボドルの

 蓋を開けるたび

 気持ちがシュワシュワする

 キミに会うと

 空に飛び散るココロが

 はじけるね

 せーの、で飛び込む

 掃除したばかりのプール

 制服のままで 

 水になる

 キミが笑えば

 雨空だって消えてしまう

 冷えた炭酸

 飲み干して空に捨てたんだ

 『考え過ぎ』を

 空っぽにしたら

 簡単だった

 あれこれじゃなくて

 ボクはキミに恋してる!

広告を非表示にする