光合成 酸素放出の謎 シアノバクテリア

シアノバクテリア(藍藻)

酸素を発生させるタイプの光合成を、約27億年前に地球で最初に始めたとされる単細胞の細菌。

海から大気へ大量の酸素が放出され、現在と同じような大気とオゾン層が作られたことにより、生命が陸上で本格的に繁殖出来るようになったと考えられている。

遺伝子の解析の結果、シアノバクテリアの祖先が他の細菌と合体して共成することで、植物細胞の中の葉緑体となったと考えらている。