キラキラ女子急増中

前回の日記のタイトルに間違いはありません。

フラワーアレンジ教室の作品展は全くSNSを意識していません。

しかし…

見学に来た人から「写真撮影してよいか?」の質問はまだしも

今年は、

フェイスブック、インスタにアップしてよいか

と聞いてくる人が急増したらしいです

昨年までも、一人二人程度はSNSにアップしてよいかと聞いてくる人がいたようですが今年は急激に増えたそうです

フラワーアレンジの作品展ということもあって、ほぼ30〜40代女子だそうです。

会場が図書館と同じ建物の中ということもあり、子どもを連れてきた通りすがりのママが中心と思われます。

主催者側はSNSをまったく意識していなくても、通りすがりの女子たちはSNSを意識して撮影していったようです

先生には、来年の作品展では、SNSを意識した作品展をお勧めしたいですね

私の目を引いたのはこの作品

私は若い先生の作品だと勘違いしていました

なかなか良いセンスだと思ったら、先生の義兄と姪の作品だそうです

蛇口も義兄が作ったそうです

私より二回りくらい年上のおっさんが作った作品なのです

生徒ではないおっさんが作った作品なのです

いつも一緒に片付けに参加しているおっさんの作品なのです

作業着がよく似合うおっさんの作品なのです

毎回、作品を展示しているようですがおっさんの作品なのです

反対に若い人に評判がよかったこの作品

私にはそこまでの良さが理解できず、他の作品の方がよく感じてしまいました

つまり、私の感性はおっさんだったのです

おっさんだからおかしいことはありませんが…

B子からは

先生の義兄さんは、生徒でなくても、先生のもとで長年作品を展示し、センスも磨かれているからそこらのおっさんの作品とは違う、

若い先生は子育てに忙しくて生花を使った作品が作成できないのでは

とフォローしてくれましたが、どうでしょう?