あがた祭

写真は宇治市のサイトhttp://www.city.uji.kyoto.jp/0000005981.html

より拝借したもの。

京都府宇治市宇治蓮華72にある縣神社(あがたじんじゃ)では、毎年6月5日深夜から翌未明にかけて、縣祭(あがたまつり)が行われています。今年は今夜です。

(以下コピペ)

六月五日から六日未明にかけて行なわれる「暗闇の奇祭」として有名です。当日はあがた通り、本町通り、新町通りを結ぶ三角形の通りに露店が700店余り出店し、十数万人の見物客で終日賑わいます。

あがた神社では五日の朝御饌の儀から神事が始まり、夕方の夕御饌の儀をへて祭のクライマックス、梵天渡御へと盛り上がっていきます。十時ごろ露店は終わり十一時ごろから梵天が法被装束に身を包んだ、地元の梵天講の若者達に担がれて動き出します。本殿で灯りを消した真っ暗な中で神移しが行なわれ出発します。境内を練り歩き鳥居をくぐって表に出た梵天は、旧大幣殿前でブン回しや差し上げなど勇壮に走り回ります。再び境内に帰って還幸祭を終えるのは夜中の1時ごろ。まさに暗闇の奇祭の名に相応しいものです。

(コピペ終わり)

縣神社へは、

京阪「宇治(うじ)」駅〜宇治橋を渡りあがた通を南へ、徒歩約8分。

JR[宇治(うじ)」駅〜東へ、宇治橋を渡らずあがた通を南へ、徒歩約10分。

駐車場なし、自家用車の方はパーク&ライドhttp://kanko.city.kyoto.lg.jp/okoshiyasu/kashikoku.html

パーク&ライドとは、自家用車は混雑する場所には乗入れず、高速道路出口付近など離れたところに駐車して公共交通に乗り換えることです。

縣神社ホームページ→http://www.agatajinjya.com/

広告を非表示にする