三石旅館と日高三石駅

平成29年5月27日(土)〜29日(月)、北海道・日高の廃村探索、

宿は2泊とも新ひだか町(旧三石町)日高三石駅前の「三石旅館」でした。

三石は静内と浦河の間の小さな町で、ローカル色は豊かです。

国道を挟んで正面に駅、隣にセイコーマート(コンビニ)、

すぐ背には太平洋という素晴らしいロケーションで、

特にセイコマを「モノを取ってくる」感覚で使えたのは、大きな利点でした。

町会議員の宿主さんから、いろいろ地域の話をうかがえたのも

よい偶然でした。

 画像1 三石旅館とセイコーマート

  扉を開けて宿から出ると、潮のかおりがした。

 画像2 日高三石駅駅舎

  駅舎は「ふれあいサテライト三石」という公共施設になっている。

    (2017年5月28日(日)午後6時頃)

 画像3 日高三石駅から見た三石旅館

  日高本線平成27年1月から運休となっていて、線路は錆びている。

  駅名標の左が駅舎、右に三石旅館の屋根が見える。

    (2017年5月29日(月)午前6時頃)