鏡の前に2人 いつか微笑み合う日《詩》

鏡の前に2人 いつか微笑み合う日《詩》

後ろめたく思わされた様を定めれば全てが裏目 何故 虚ろに煩う 自身の特色を害悪と見做す? Hello I love you, good night.god bless.see you soon. I love you so.

誇り高く掲げ上げれれば活かせる 前述の諸要素さえ磨けば輝く筈。情?は特色を放つ

top secret inside society for what? 昨日までがどうだろうと印象や評判等 多くは今 変えられる事 気負いしすぎた心 転がる頃

自分を大切に思うなら理想の模範として参照する視野のランクを下げず

蔑まれた扱われ方を差し詰め自縛的に指図された反射をする被抑圧的個性を主張する他者に模倣する必要もない

結局 誰かの在り方を真似ても 最終的に自負できるのは自分だけでしょ

幾人か生理的に格好いいと感じた月9の主人公より 充実してたのになくしてしまった後は 羨ましがった嘗て 彼等よりずっと上手に自然と持っていたモノであり

その、全てを失える自由と 手にしていた有り難さを知れば 未来に迷える筈もない

口出しは 生まれて以来 されてばかり 茶飯事。

静かにさえ身も心もさせてあげられない人達の波長に揉まれる戦場のdying.

Get free to alive. All moments gonna be all right.社会の緊張と不安感を解す物は愛

So hold me tight. I luv my gently smile.

使い古した舞台 美しい夜風の波間の再来を願い honey that bees cant be infringed by sin on people couldnt see to be chained.

精神的に有意義で理想的、数奇な素晴らしい青春が誠実さは未熟な侭でさぇ

幕を閉じたなら

語り継ぐこともまた使命さ

アガリスクや雄麗なNemophilaの

壮麗な草原の調和した自然観 もぅ危険はなぃ

いい事あった?なんて聞くまでもないじゃん

何もないことなんて捉え違い

既に君は生きてるじゃないか 不可思議な那由多 認知科学及び量子物理学的正論にparadoxを呈する 幻想と元素を異にせぬ現実の仮装

neuron間 synapseの送るsignalの形成する

主観的quailia 死後のa priori 存在という現象のmatrixは臨界点を越えて

白黒の自論と四苦八苦した時期のsickness

さえ、純粋無垢に充実して想ぇれば

Flowerlike 誰もが咲いていていい

自然体で居たらいいさ

引き締めるより 落ちたり負ったりせず気は晴らしなさい

おっとりと安らげる休みの調律を運ぶ薬剤師

だけど多分いくつかの甘言は

残念ながら空想さ

僕は奇跡さ

誰もがそうだと分かってしまった喜劇は

君の涙と 幸せそうな笑顔の様で 綺麗さ

どぅしてだれでもぃぃような事

1番 愛すると心に決めた人に

一時的に気を引きたくて 拗れたSOS

Couldnt take my real language.

気付かぬフリをした 離れようと 乱数補正

貰ったことを無くした日 止めた 懐中時計

切ない哀愁ゎ、生涯で最後の恋心の前

賭したとしたら閉じたのなら

明るい憶測を信じれれば屹度 吉とかさ

煌びやかな寂しさゎ 宝石より優美な夢哉

自分より魅力的なヒトなんて

見渡しても見当たらないね そう感じつつも

受け取っていたのは多種多様な姿形の愛や幸せ 理解次第 立ち位置は朧気 染まる光景

傷付いた裏切りさえ恐怖や狂気に侵されてた人々や動植物や精霊の 捻くれ混乱した

それでも彼等なりの精一杯の愛情表現

俺も愛に盲目で 自傷的に小さな

つぼみから搾り取った 痼りと迸ればカラ

になった小振りの玉 翌朝には精魂尽きながら

ぁなただけに私の種を注ぐ為 待てなかった

ぁんな

生理的な悲しさを 縮こまった尻尾に憎み

愛でられる事なく蕾ゎ冷たくなり

胸が痛い それまでに出逢った 胸一杯の愛

何一つ気付けぬ位 暗い深みに潜った生還したら小さぃ 今では笑い話

ゲートを閉じ旅路の痕跡へ祝福さえ出来る 甘いflowers see.

佇む喜びを忘れた世襲制の習性の集計表

私にはその他のほぼ全てが面倒

傷みの数 抱えた抱擁力で

暖かい 微笑みを 木漏れ日も

あなたへ 公然と 想える様

私にも 理を 零してよ

新たしく もう一度 踊れるの

憶えてる温度 言の葉と音 心得てゆこう

安らげる充塞 豊かに浴衣を着たらばさ

憩いの遊歩道 君と行ける事

屹度 いつか停滞した通信が復旧された後

一途なHeart 信頼を取り戻すart

実り呼吸を得る時 心得る様に

瞬時 秘めてる論理 より美麗

で純然な ただ1人

ぁなたへの気持ち

- [ ]