読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多発性関節炎の検査行程の食事制限(ガリウムシンチ)顛末記#1

全身の何処に炎症があるかを検査する為に食事制限に寄る大腸掃除で12時間以上一切水以外は摂取せず迎えたガリウムシンチという聞き慣れない検査を終えたのは18日の朝の11時過ぎ。約14時間以上全く固形物は摂取していないことになる。加えて昨晩から下剤を飲んでいた為おそらく消化器官には何もない状態であろう。検査が終わってそのまま小一時間電車やバスに揺られて無事帰宅する自信がなく家を出る時にリュックに詰めてきたパックの牛乳とあんパンを頬張り(なんと、見苦しい吾輩ぞ!)電車待ちの時間をプラットホームのベンチでの遅いブレイクファストタイムにしました。たちまちいつもの私が蘇ったあんパンってこんなにも美味しかったんだ帰路の道すがら、気付いたのは昨夜の食事制限を通じて如何に私は毎日毎晩カロリーオーバーにして過食であったことか。腹八分目とは確かに健康への唯一の王道であると確信しました。臍から上10?みぞおちから下5?が腹八分目の位置であるらしい。今は食べたあんパンと飲んだ牛乳外のどの辺にあるかが分かる気がします。帰宅してから5時ごろ夕飯の支度にかかったけど豚肉、もやし、ニ

ラ、キャベツ、白菜、大根、人参、豆腐、ジャガイモ、玉ねぎ全ての食材をいつもの半分にしている自分がいた。20日の胃カメラに備えて今夜はビールとワインはやめておきます。そして、いつもより薄めの珈琲を飲みました。そして、塩分が気になってあまり味噌汁は嗜む事はなかったのですが大腸の環境に良いと聞いたので明日から毎食に一杯の味噌汁を添えることにしました。(どんなけ健康オタクやねん)ともう一人の私が笑てますわ