検査。経鼻内視鏡。

春さきから、健診に引っかかりかなりどぎまぎしてましたが、

先日経鼻内視鏡の検査を受けてきました。

結果は、食道良性潰瘍。

早急に何とかしないといけない結果では、なかったので、よかったです。

検査前日から、食事禁止。開始2時間前から飲食禁止。

ドキドキしながら朝を迎え、市内の医師会の健診センターに向かいました。

待合室で名前を呼ばれ検査準備室なるとこへ。

ベッドで横になって待っていると、鼻に点鼻薬で局部麻酔。 右の鼻の穴に直径5mmくらいのチューブを入れ、鼻の穴を拡張するそうで、暫くまっていると、時間になりました。と案内され検査室へ。

チューブを抜きいざ検査。側臥位で検査の先生から、「力ぬいて」と言われるが、何せ初めての検査ガチガチ。

鼻に内視鏡を挿入。鼻の穴の中を通過する時、鼻やら口やら鼻水と目から涙。痛いとかではないですが、モソモソ感が半端なく喉を通過すると、急に楽になり、一安心。

カメラの画像を見て(ああ。私の中ってこんなんなってるんだー。)とか。考える余裕が生まれました

一通り検査をして、鼻から内視鏡を取り出し。先生がパソコンを処理中に〔ズビズビー〕と鼻をかむと、「優しくしてあげて!」と補助の看護師さんが、苦笑い

パソコンの画像から、食道良性ポリープとのこと。

一通りの説明をうけて、帰宅。

かなり緊張してたのか、喉がカラカラでした。

私の感想は胃カメラ鼻から内視鏡がオススメ。何せ〔おえっ。〕なりにくい!

少々鼻から内視鏡を入れるときに辛いですが、まあ。胃カメラのおえっ。よりかはかなり楽。

皆さん内視鏡は是非。経鼻内視鏡を!

まあ。しない方がいいですが。(笑)