【霊能力者のおくさまブログ】 心に残る旅

旅に出かけてるのは、好き、でも、準備は時に超面倒(笑)

特に、高野山とか宿坊だと自由が利かないこともあるし、

海外となれば、日本の当たり前が、どれだけ当たり前じゃないかを

しっかり感じることになるわけで。

だんな様は海外に出かけると、急に健康優良児に(驚)

一番驚いたのは、ロンドンの妹の家に泊まった時、

朝早く起きて、庭で空手の練習なんかやってた時。

いつから、そんな早起きになったの〜〜〜。

後は、海外に行くと、日本では苦手と言っていたものも、

もぐもぐ食べちゃう。

日本では絶対に食べない全粒粉パンもペロリ。

空気が違うと、食欲も変わる。

敏感なだんな様の感覚なので、横で見ていて、

びっくりするほど違います。

もちろん、被りやすい場所というのはありますし、

人ごみは、どこに行っても避けたいですが、

日本での人ごみほでほど、被らない様子。

どうやら、「人の思い」の波動が若干違うようで・・・。

といっても、海外でまったく被らないわけではありません。

一番印象的だったのは、スイスのベルンで有名な教会に

入った時、そこは、昔々、政治の中心的な場所だった・・・

ってのがわかり、人の思いが詰まっていたらしく、いや〜、

すっかり被りました。

そして、次に偶然通りかかった、名もない教会で、

すっかり被りが落ちました(笑)ってことも。

意外な場所で、心が震えるような経験もありました。

エジンバラ郊外にあるロズリンなど、懐かしい雰囲気が。

イタリアでは、マリア様にあって、座り込むほどの感動。

スイスの山々には、神々の存在が迫ってきたり。

旅のテーマがあってもなくても、時々、日本でいつも「圧」に

感じているものを、お休みしてもらいたい気持ちもあって、

できるだけ、海外に出かけるような機会があればなあと。

それに旅に出かけると、あああの時、みたいな話題にもなりますし、

振り返るのにも目印になるかと思いきや!

2度、みんなで行った九州旅行、鹿児島+阿蘇の旅行と、

阿蘇+高千穂の旅行は、記憶がごちゃごちゃに混ざってます(笑)

いずれにしても、また、戻りたくなる場所との出会いに

はまってしまうと、癖になりますね。

あれと、あれをまた食べたい〜と、今日もそんな話になりましたが、

「また戻りたくなる場所」=「食べたいもの」

になっている私に気が付いたのでした・・・(笑)

エジンバラムール貝とホタテ、食べたい・・・

→今回、エジンバラに行く予定のSさん、食べる予定、うらやましい・・・

連絡先は、タブをクリックするとつながります。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/adeptmentor/

Adept・Mentor 島津相談室