プーケット奪還作戦

最近初めていったとこなのに奪還とは御大層ですが

親が20年ほど前に直行便でいって感動していた。

手ごろな避寒の地であったのでチラ見のつもりで行ったら

タイ国際航空の日本ープーケットの直行便は廃止

中国航空会社の香港ープーケットの直行便が乗り入れ(日本からもチケット取れる)

で、現地に行くと中国人観光客9にして日本人1〜2割。

かつて日本人が潤沢な観光資金で抑えたいくつかの場所を除いて

プーケット、またはプーケットのまわりのあらゆる美しい

ビーチが中国人観光客に埋め尽くされている。

いやもう乗っ取られつつあるといっていい。

このままでは、先人が開拓した日本人向けの快適な観光地や

観光場所が軒並み乗っ取られてしまう。

やつらはチップも日本人の10倍、20倍払う。

金で買われない文化は日本の文化。金で買われるのは大陸の文化。

このままではタイの人にいくばくか育った

「金で買われない、日本人の美徳」というものまで

ごっそり札束でたたいて持っていかれてしまう。

このままではいけない。

ミラン諸島というのが有名なので行ってみたらもはや牢獄のような

ツアーとなっていた。

中国人はこんなツアーに押し寄せて、汚して、ぼろぼろにして、

多額のチップを払って帰る。

ウミガメも逃げ出すぞこれは。

中国人が悪い、という感じで書いた。が彼らに悪気はない。

実際仲良く英語で話したりしている

しかしながら、人数の桁が違う。

あれは入島制限をしないと環境が破壊されるレベルだ。

タイにそこまで良識を期待しても無駄で、国立公園内に人が入れない島を作って

あとはお金を取るだけである。

とにかく津波のように人が押し寄せ、イモ洗いになる。

そして小便をする(海上にはトイレがない)

入島制限をしないのであれば、かつての勢いがないとはいえ

我々現役世代の日本人が先人の開拓した地をなるべく日本人専用に

キープし、できれば直行便を復活させてもらえるくらいまで

頻繁に行く運動をするべきだ。

なので本格的に全社で動く。まず自分が実行する。

まあ面白いコンテンツを思いついたのもあるが。

2004年クリスマスの津波から、もう13年も経っているのだ。

いくら日本人が地震津波と雷とおやじが嫌いだからといって

直行便が廃止されるぐらいまで逃げることはないではないか。

同じことがグァムやサイパンにも言え、こちらも大陸人に

ほぼ乗っ取られているが

海の美しさはプーケットが一番である。

確かに香港トランジットのほうが免税店はそろっているのだが・・・

このままではピピ島も、シミランも、プーケットも、

そして日本語のツアーもすべてなくなってしまう。

海外へ出たら我々はもはや観光客ではない

中国、韓国、ほかアジアの金持ち旅行者と比べられる

日本という国の印象を代表している時代になった。

振る舞い、考え方がいちいち日本人代表になってしまう。

若いころのようにテキトーにやっていたら

立ち待ち大勢の金満中国人に乗っ取られてしまう。

日本国内で右だ左だ、底辺だ上級だのやっている場合ではない。

世界でも底辺に見られてしまう。

幸いタイバーツは国策で安く固定され、欧米からも通貨安政策が

認められている唯一といっていいアジアの国である。

ここ以外だと、モルジブ、ボラボラ、ニューカレドニア、バリ島

などなど、はるかに高くつく国の観光地しかない。

そしてそこではさらなる金満中国人が占拠して

日本人は”最低額のチップだ、ああ日本人だ”と言われる英語も

ろくにしゃべれない劣等アジア民族のように思われるかもしれない。

5つ星ホテルのいい部屋が12万円程度で飛行機代、顎、脚込みで取れるのである。

絶対に行くべきだ。

んなこと言ってもしょうがないのでねたまれようがひがまれようが

できるだけの頭数を連れて私は行くことにする。

もちろん発展途上の会社なのである程度仕事にしないと

行けないのだが・・・

本当は大きな会社がガンガン社員旅行で使うべきである。

将来大きくなったら私も必ず社員旅行で占有する。

みんなでプーケットを取り返そう。

もう取り返せるのはプーケットぐらいしか残ってないんだぞ!