読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

居酒屋サザンは可、スタンドバーエアポートエクスプレスは不可。

子供の頃、新幹線に乗った時、私は祖母に「この電車は弁当食べていいん?」と聞いたそうだ。

阪急電車ロングシート車ばかり(自宅のある南茨木は6300系で運用される特急は通過)だったから、電車の中で弁当を食べてはいけないと叩き込まれていたのかもしれない。

「トイレがある電車はOK」というけど、

和歌山線105系の2両編成が殆どで、本数は日中は1時間に1本。

105系はトイレは付いているが、4扉ロングシート車。

ワンマンカーなので2両目は主要駅しか扉が開かない。

巻き寿司を2両目の運転台後ろで立って食べた。

阪和線はいよいよロングシート車が消える(3扉転換クロスシート車に置き換えられる)。

快速も普通も、阪和線の車内は2&1の転換クロスシートに統一される。

1列側の転換クロスに座れば、通勤しながら弁当食べ放題である。

もっとも、私は大学生の頃、王寺駅改札内マクドのバリューセットを買い、天王寺に着くまでの15分間ノンストップの大和路快速の車内で食べていました。

さすがにロングシート空港急行の混雑した車内での缶チューハイ立ち飲み「スタンドバーエアポートエクスプレス」は周りに迷惑がかかるし、海外旅行客の話のネタに使われるだろう。

しかし南海でも高野線ではオールロングシート車の6000系・6300系は

「おにぎり食べたいから、次の特急りんかんの指定席を取ろう」はまだ早い!

ひょっとしたら空室があれば「個室居酒屋」ができるかもしれない。

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1955762053&owner_id=11914613

■車内で飲食していい電車・そうじゃない電車の違いは? 「トイレのある電車はOK」「東京の通勤電車で食べてる人もいる」

(キャリコネ - 04月06日 17:12)