読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旅行)沖縄行きた〜い

 と、たまに絶叫から始めました。

 北海道からの旅行で1番の売れ筋が東京ディズニーリゾート(TDR)ですが、2番目が沖縄です。

 東京から移住した7年前までは完全に『北志向』でした。事実、20年前に初めて北海道に旅行して以来「はまった」にふさわしく、毎年最低1回は北海道旅行していましたし、箱根の関所を越えるのが『数年に1度』の割合でしたし、現在も変わりはありません。

 しかし、最低毎月2件沖縄までの旅行商品を販売するようになると「心移り」するものでして、最近は沖縄に興味を持ち始めています。沖縄は「香港へ行く空路の経由地」でして、沖縄上空を通過することは過去2回あるくらいです(それも「中国返還前」ですので、最後に沖縄通過してから「ちょうど20年前」)。

 当然のことながら、那覇を始めとした沖縄本島を目指すことになりますが、そこは『特技、国内旅行』と自負している手前、どうせ行くなら『日本人が自力で行ける日本の端っこを目指す』ということで、日本最西端である「与那国島」を含めたツアープランニングを立てはじめています。

 予算は『5日間で10万円』としています。今回は両親を誘っていく予定ですが、これを安いとみるか高いとみるか?フルパッケージツアーでは予算オーバーするので、パッケージツアーと手配旅行を組み合わせていく予定です。その方が安く抑えることができます。東京にいる両親を北海道に迎え入れることはできても、沖縄へ行くことは恐らく2度はないと思いますので、事実上『最初にして最後の親孝行』と位置付けています。そのため、できるだけ要望を聞き入れたうえで実現したいと思います。

 と言うと「ツアープラン(TP)はFPと似ている」と聞こえてきますが、実のこと「FPより『TPの方が難しい』」です。FPはいくつかの部品を組み立ててライフプランを組み立てていきますが、ある程度部品は「形が決まっている」ので、部品を当てはめていく作業にそれほどの苦労はありません。しかし、TPは『全く同じの部品がない』ので、無限に広がる選択肢から組み立てる必要があることから、本当に苦労しますが、組み立てた商品を調整しながらも満足のいくものに仕上がった時の満足感は、FP以上のものです。