読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「なむあみだぶつ」江戸小話

両国で、クマの見せ物をしているおじいさんがいました。見せ物には、なによりお天気が第一です。

このところ、ずっとお天気続きなので、毎日が大入り満員です。おじいさんはすっかり喜んで、自分も出入り口に現れると、

「さあ、クマだ、クマだ、江戸では、

初めてのおめみえ、そ−−−れ、よってらっしゃい、見てらっしゃい」と、大声を張り上げて、お客を呼び込んでいました。

ところがこのおじいさん、突然の病気になって、あとは息をひきとるばかりです。それなのに、店に出ると大声をあげて、

「クマだ、クマだ、日本一の大グマだ−−−」と、怒鳴ってばかりです。

もうすぐ死ぬというのに、念仏をとなえるどころではありません。

「ああ、こんな事では、後生(ごしょう→死んでから生まれ変わること)が悪かろう」心配したおばあさんは、おじいさんに言いました。

「さあ、お前さん、もうすぐ、お迎えが来るんだよ。なむあみだぶつの一つぐらいは、唄えないと」しかしおじいさんは、念仏を唱えるどころか、

「クマだ、クマだ、日本一の大グマだ−−−」と、わめくばかり。

集まった身内の者たちも、口々に念仏をすすめましたが、おじいさんは、

「クマだ、クマだ、日本一の大グマだ−−−」の、一点ばりです。

これを見た医者が、おばあさんや身内に言いました。

「どれ、このわたしが、おじいさんに念仏を言わせてみましょう」そして医者は、おじいさんの耳に口をよせて言いました。

「じいさん、明日は大雨だぞ」するとおじいさんは、急に大人しくなって、

「ああ、なむあみだぶつ、なむあみだぶつ」と、唱えたそうです。

ちゃんちゃん

(14.8.8)