読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

落語の徒然(巡礼)

春先に成ると、お遍路や巡礼や講の様なお詣りの旅が始まります。

富士詣でや大山詣では講の集まりで、先達(経験者や先導者)による団体旅行です。

宗派によっては、日蓮宗身延山久遠寺詣りや成田山詣りが有ります。

江戸時代は、神仏の加護を信じていたため、様々なご利益を賜った様です。

落語のネタ「大山詣り」「富士詣り」「鰍沢」はそんな噺です。

上方落語の旅は「東の旅(伊勢詣り)」「西の旅(金毘羅詣り)」があり、四国遍路、西国三十三観音等、巡礼の季節です。