魂の所在

こんばんは

ポルボロンというアンダルシア地方の伝統菓子を頂き、

その佇まいにびっくり仰天。膝を真白にしてしまいました彪馬です。

こんばんは

一見固いクッキーかと思っていたら、

親指と人差し指のつまむ強さでポルボロン破裂。破片が舞いました。

スペイン人は儚いものに魅かれていたのかもしれません。

膝と床が大変。。。

さて今日のお題

東洋医学概論の陰陽五行

当時占いが大好きだったわたしは授業にてこれを知り

「はり師って占い師できるじゃん!!」って思いました。

これは医学に限ったことではなく

東洋思想のひとつで、万物は五つのエレメントに分類される

物事には表裏、つまり陰と陽がある。

この二つを大前提にした考えかたです。

木 火 土 金 水

肝 心 脾 肺 腎

例えば五色

これは顔色を表していて肝を病むと青ざめるといった指標

肝 心 脾 肺 腎

青 赤 黄 白 黒

これ五精というなんとも神秘的なものもある

五臓の司る精神作用

肝 心 脾 肺 腎

魂 神 意智 魄 精

これ脳みそには魂も神も宿ってないという。

魂の所在はこれによると肝

ただ腎は髄を司っているので髄の延長=中枢神経=脳=精

という考えもできなくはない

ついでにこれ国家試験でます。五行が歯抜けになっての出題。

昔の大陸の人って何考えて暮らしていたんだろう。

よくもまあこんな突拍子もないこと体系的に説いたもんです。

最後にお気に入りの五行

五果

木 火 土 金 水

李 杏 棗 桃 栗

スモモ

杏アンズ

棗ナツメ

桃モモ

栗クリ

五臓を養う果実とのこと

心筋梗塞にはアンズということなんやろうか。

↑五果は国試たぶん出ません。覚えとくいみありません。

広告を非表示にする