そ…そこには何かがあった

毎年この時期にはLiveのお知らせとご来場御礼の日記を書いていた。

隔月で書いていた。

ここ数年、月半ばのLive日記があまりない。

それは居場所を失った“野良猫時間”になってしまったから。

2014年03月18日の日記より

今日、猫時間のふるさと“F”が閉店するという公式アナウンスがあった。

その話は…

もう少し気持ちが落ち着いてから、追ってゆっくり綴ろうと思う。

思えば…

2005.7.25.

この場所でレギュラーとしてデビューさせて頂いて、9年。

猫時間、ここで育った大切なホームグラウンド。

見た目は怪しいけれど優しいマスターに、気遣いのYさんに、暖かく見守って頂いて、それなりに進歩してきました。

その御徒町 Acoustic Dining Fが閉店してしまう。

今日、Fマスターの公式発表がありました。

本当にありがとう。

いつまでも忘れません。

猫時間、3人ともライフワークと考えているので、足腰立たなくなるまで、取り敢えずゆっくりのんびり続けて行くつもりです。

この春から猫時間3人、環境がかなり変わって変動の年。

少々停滞するかも知れないけれど…

今後ともよろしくお願いいたします。

---

あれから3年か…

マスターのこの「公式発表」があった前夜、「これが最後」だ等とはつゆ知らずに猫時間はこの店で全くいつもの通りのLiveを行っていた。

最後だと分かっていれば…

(一言、一言でも言って欲しかった)

一月ごとだったので、新曲をSetListに乗せるのもこの店だった。

比較的長いステージが出来たので、実験的な曲も演奏出来た。

やはり居場所は必要なのだ。

御徒町にはあの店は既に姿をとどめていない。

風の噂に聞けば、マスターは音信不通になっているという。

まだ、あの店の事を語る気にはなれない。