また平均寿命が延びた!

 厚生省の発表によると、日本人の平均寿命がまた延びた。2015年のデー

タだが、男性が80・75歳、女性が86・99歳。5年に1度行われる国勢

調査に基づくものだが、前回の10年前に比べて男性が1・20歳、女性が0

・69歳も上回ったという。主要7カ国では男女ともにもっとも高い数値で、

まさに長寿大国・日本を証明した格好だ。

 それにしてもどうして日本人はこんなに長生きになったのだろう。最初の調

査が行われた1891〜1898年は平均で男性が42・8歳、女性が44・

3歳で、第二次世界大戦以降は延び続けているらしい。やはり戦争がないのが

最大の理由みたいだ。もちろん、昔に比べて栄養状態は飛躍的によくなってい

る。一時は餓死する若者のニュースが駆け巡ったこともあったが、少なくとも

いまの高齢者で食べるのに困っている人は少ない。2倍近くも平均寿命が延び

るには、この2つの要因がなければ無理だろう。

 さらに、医学の進歩も挙げられる。長寿社会で2人に1人はガンになる時代

だが、それが必ずしも死に結びつかなくなってきた。私も昨年、父親が誤嚥性

肺炎になり、胃ろうの問題と直面することになってしまったが、人間はなかな

か簡単に死ぬことができない時代になったのも事実。それが幸せなのはどうか

は別として、日本社会全体としては高齢化社会がますます進むことになる。こ

のデータもいつかは歯止めがかかるはずだが、50・60代はぺーぺーといわ

れず時代がしばらく続きそうだ。