なんで状況証拠と「言いがかり」だけでここまでの騒ぎになるのやら

そもそも確定している事実は、「籠池氏が国有地を正規の手続きに従い払い下げを受けた」だけ。

その価格が「不当に安い」と疑問を抱くのは、まぁ当然の反応。

そして、その疑問に対して訴えるべき先は「会計検査院」であるべき。

なのに何故か、一足飛びに「政治家の関与があったに違いない。証拠? 状況証拠しかないよ」

と騒ぎ出したのが野党。

そして一方的に「与党は身の潔白を証明しろ」と言いがかりをつけた。

・・・少なくとも日本では有罪の立証責任は常に告発側にあるのだけど、どうやら連中の母国は違うらしい。

この問題に関連してなのか、森友学園の指導方針にもいちゃもんが出始める。

個人的には教育勅語だの中韓への誹謗だの、どこぞの半島国家や共産国の悪い真似を

するのは如何なものかと思うけれど、一応私立の教育機関なら公の秩序や善良な風俗等に

関わる内容でなければ教育の自由の範囲内。

私立ならその方針に沿わない人は入学しない選択も出来るから。

それをマスコミが「籠池氏に繋がりがあるとマイナスイメージが付く」空気を蔓延させ始める。

その報道を足掛かりにして、「過去関係がありましたね?」との追及。

だから、政治資金規正法の範囲で寄付を受ける事も、議員になる前に顧客としてあった事、

・・・というか、現在進行形で籠池氏の教育方針に共感を持っていたとしても、それになにか

問題があるのか?

繰り返すが「私立学校が公共の秩序の範囲内で独自の教育をするのは教育の自由の範囲内」

それに賛同するのも自由。 賛同した結果有権者に否定されるのも自己責任の範囲。

まぁ、そんな根拠のないイメージに怯えて感情的に関係を否定する某大臣も如何なものかと思う。

だがそもそもこの問題、国会で扱うだけの価値のある問題か?

会計検査院で払い下げ手続きの違法性を確認し、更にそこに政治家の関与がある証拠を

見つけ出して初めて国会で扱うに足る重要性が出てくるのではないか?

なのにどこぞの左掛ったコメンテーターが「安倍政権のお友達体質に拠る問題だから、うやむやにせず襟を正す機会にするべき」とか妄言を垂れ流しているけれど、だったらまず「襟を正すべき問題の証拠」を示してからにするべき。

少なくとも現状では、国会運営費と取り返しのつかない時間の浪費に過ぎない。

--------------------------------------------------------

籠池氏 政治家から資金提供か