疑いと信用

人を疑うと、人の心とツキも逃げて行くから不思議です。

自分が信用しなければ、相手も信用してもらえない。

『先ずは、疑う』と言う態度で人と接する人と、『先ずは信用する』と言う態度を取る人がいる。

どちらがツキを得て行くかと言うと、言う迄も無く後者です。

『先ず疑う』人はサギにかかったり、騙されるする事は少ないかも知れない。

然し、反面、幸運を持って自分に来てくれても、自分から遠ざける事になってしまいかねないのである。

何故なら、疑い深い人は、相手に対して非常に冷たい印象を与えてしまうからです。

疑いは、疑いを生み結果として幸運を逃がしてしまうものです。

人を疑う事は、精神的にもストレスを生み結果として健康にも悪い結果を残します。

しかも、潜在意識にも影響して来るのです。

人と接する場合は、心を開いて相手を信用し、話を聞く態度が大切になります。

それが、ツキを呼び込む事になって来ます。

広告を非表示にする